自分を動物に例えると面白いけど、就活の面接で聞かれたらどう回答する?例文や動物の一覧をご紹介。逆引き辞典もあります!

2022年8月29日

就活の面接で「自分を動物に例えると何ですか?」と聞かれたらどのように答えたらよいでしょう?

この質問はあなたの性格や人柄、コミュニケーション能力を知りたいので、あらかじめ答えを考えておくのをおすすめします。

面接官は、あなたがどんな人間でどんなことを考えているのかを知りたいのです。

この質問は、例えで、「自分を動物に例えると何ですか?」と聞かれることが多いので、ぜひアピールポイントを考えておく必要があります。

動物の面白い特徴をふまえつつ、しっかり自分をアピールすることができるとよいです!

この記事では、あなたに似ている動物が何か書かれています。

逆引き辞典もあるので、ぜひ活用してみてください♪

自分を動物に例えると面白い!でも、就活の面接で聞かれたら?

あなたは就活の面接で「自分を動物に例えると何の動物だと思いますか?」と聞かれたらどのように答えますか?

自分を動物に例えるなんて面白いですが、とっさには思いつかないのではないでしょうか?

でも、自己分析ができていて、自分の人柄をアピールする準備が整っていれば大丈夫です

では、なぜ面接でこのような質問がされるのでしょうか?

その意図とは何でしょう?いくつかあげたいと思います。

  • あなたの性格や、どのような価値観を持っているのか知りたい
  • コミュニケーション能力があるかためされている
  • とっぴょうしもないような質問をすることで、急な質問への対応力を知りたい
  • アイスブレイクとして、リラックスして面接を受けてもらいたい

企業はチームで仕事をするため、あなたと意思疎通ができるかどうかを気にします。

よくある質問として、自己PR、希望理由、長所と短所などがありますよね。

「自分を動物に例えると」という質問は、少し変わった質問だと言えます。

この質問意図は、あなたに似ている動物の答えが知りたいわけではなく、コミュニケーションが取れるか、臨機応変に対応できるかを見ています。

このような意図の少し変わった質問は他にも、このようなものがあります。

  • あなたは友達からどのように思われていますか
  • 自分を物に例えるとなんですか
  • あなたが嫌だと感じるときはどのようなときですか

このような質問は定番なので、いつ質問されてもいいように答えを考えておくのがおすすめです。

そうは言っても、「自分を動物に例えると」なんてすぐに思いつかないですよね。

安心してください。誰でも簡単に動物に例えることができるチェックシートを次の章からご紹介します。

①まずは、結論として自分がどの動物に近いかを述べましょう。

②次に、その動物を選んだ理由やエピソードについて説明しましょう。

③最後に、その動物を選んだ理由やエピソードをまとめ、仕事でどのように活かしたいかを述べるとよいです。

自分を動物に例えるとを診断してみよう!アリ、フクロウ、コアラなど

それでは早速「自分を動物に例えると」の診断方法をご紹介します。あなたの性格に似ていると思う動物をクリックしてみてください。

  1. マイペースでゆっくりした性格→コアラ
  2. 人と関わるのが好きで、大学ではサークルの部長やバイトリーダーをしていた→イルカ
  3. 目標達成のためなら努力を惜しまない→ペンギン
  4. 何事にも落ち着いて考えることができ、トラブルにも対応できる→クマ
  5. 集団行動が好きで、いろんな人の意見が聞ける→ヒツジ
  6. 和を大切にし、規律正しい行動ができる→アリ
  7. 一歩一歩、着実に目標にむかって進んでいける→カメ
  8. 普段は穏やかだが、チャンスは逃さない→フクロウ
  9. フットワークが軽く行動的なので、物事にすばやく対応できる→ウサギ
  10. 人懐っこくて誰とでも仲良くなれて、社交的→イヌ
  11. 癒し系でまったりしているけれど、力持ち→パンダ
  12. 実は持久力も行動力もある→ハムスター
  13. 新しいもの、珍しいものが好きで、仲間と喜びを分かち合える→ブタ
  14. 他人と意思疎通を図るのが得意で、色々な方法でアプローチできる→ニワトリ
  15. 仲間思いでリーダーシップをとるのが得意→ウシ

コアラ

コアラは、動物の中でも睡眠時間が長い(1日に20時間程)ことが特徴です。

その寝顔がとてもかわいいですし、まったりとしていておとなしいイメージがあります。

しかし、コアラが食べるユーカリの葉には、防虫剤にも使われるほどの猛毒があるんです!

では、なぜコアラはユーカリを食べられるのでしょか?

なんと!その毒を無毒化する細菌を腸内に生息させているのです。

他の動物が食べられないものを食べられるようになることで、生存競争に勝ち残りました。

ユーカリは毒素が体にたまる上に、栄養も少ないです。

そのため、分解するためにエネルギーを使うので、睡眠時間が長いのです。

コアラの人向けの回答
  • マイペースでおとなしいが、人を和ませることができる
  • 私がいると周りが癒されると言われる
  • 人が考えないアイデアを出して臨機応変に対応できる

コアラの人の面接例文はこちら

イルカ

イルカは知能が高く、好奇心が旺盛なことで知られています。

彼らは群れで暮らし、狩りも協力して行うため、協調性があり、コミュニケーション能力がとても高いです。

さらに、旺盛な好奇心で、気になることは何でも確かめ、常に学ぶことで知能にみがきをかけています。

イルカの人向けの回答
  • 好奇心旺盛で積極的に行動することができる
  • コミュニケーション能力が高いので、だれとでも仲良くできる
  • 人とかかわることが好き

イルカの人の面接例文はこちら

ペンギン

ペンギンの多くの種類は、毎年決まった繁殖地で繁殖します。

しかし、繁殖地にたどり着くまでに様々な困難を乗り越えなければなりません。

コウテイペンギンは真冬の南極の嵐の中、イワトビペンギンは荒波を乗り越えて岩を登り、繁殖地にたどり着きます。

そうした厳しい環境の中、逆境に負けず子育てをします。

ペンギンの人向けの回答
  • 逆境に強い
  • 仲間とともに一つの目標を達成することができる
  • よく我慢強いと言われる

ペンギンの人の面接例文はこちら

クマ

クマはずんぐりしていて足が太く力持ち。また、脳が大きく、好奇心旺盛問題解決能力があります。

寒い地域に住むクマは、季節の変化にともない、草や貝、鮭などを食べ、計画的にたくさん栄養を蓄えて冬眠します。

貝を食べるときには、潮の干満もしっかり見極め、落ち着いて食事をするそうです。

体温はそれほど下がらず、飲まず食わずで過ごしますが、その間に出産もするのだから驚きです。

クマの人向けの回答
  • 縁の下の力持ち的存在
  • 生き残るためには色々な手段を取ることができる
  • 好奇心も旺盛で環境適応能力がある

クマの人の面接例文はこちら

ヒツジ

ヒツジは聴力が優れていますまた、視力もよく、その視野は320度ほどあります。

頭を動かさずに自分の背後を見ることができるのです。

これは天敵に狙われやすいからですが、それを補うために集団で行動しています。

さらに、群れの仲間の顔をしっかり覚えているそうです!

ヒツジは社会性があり、共感性がある動物といえます。

ヒツジの人向けの回答
  • 仲間のことを考えて行動できる
  • 物事を色々な角度から見ることが得意

ヒツジの人の面接例文はこちら

アリ

アリは担当する役目が決まっており、大きな群れをつくる社会性昆虫(集団を作り、役割や階層があるなど、人間に似た社会的構造を備える昆虫)です。

アリがエサを運ぶは、種類によっても異なりますが、体重の5倍ほどの重さを持ち上げることができます。

また、引きずって運ぶことができる重さは体重の25倍ほどです。 

アリの人向けの回答
  • 組織の一員として役割を果たすことができる
  • とても力持ちでタフ
  • 地道にコツコツと計画的に物事を進められる

アリの人の面接例文はこちら

カメ

亀は堅い甲羅を持つことから、堅い守りの象徴です。

コツコツと作業を進めることができ、穏やか温厚な性格、着実さ勤勉さを連想させます。 

中国やインドでは神獣として扱われていて、神聖な生き物のイメージもあります。

カメの人向けの回答
  • 一歩一歩目標に向かって進むことができる
  • よく堅実だと言われる

カメの人の面接例文はこちら

フクロウ

知性と芸術の女神アテナの召使で、森の賢者と呼ばれるフクロウ。

人間の100倍の視力で、獲物の位置が正確にわかります。

また、体に対して大きな翼や、足や指にまで毛が生えていることで、音もなく獲物に近づき、確実に捕らえます

フクロウの人向けの回答
  • 普段は穏やかだが、ここ一番というときに強いといわれる
  • よく真面目だといわれる

フクロウの人の面接例文はこちら

ウサギ

ウサギは社会性があり、好奇心が旺盛です。また、縄張り意識が強い動物です。

天敵が多い分、早く走って逃げることや、子どもをたくさん産むことでカバーしています。

また、左右の耳は別々の方向に360度近く動かすことができ、敵を警戒します。

このようにして見張りが警戒し、群れに危険を教えます。

ウサギの人向けの回答
  • フットワークが軽く、行動力がある
  • 生き残るための秘策を持っている
  • 判断力、行動力、継続力がある

ウサギの人の面接例文はこちら

イヌ

家畜の中で最も古くから人と付き合ってきた動物で、その始まりは3万年以上前と言われます。

群れで狩りをするのでチームワークを大切にします。

かなりのスピードで、長時間走れるのが特徴です。

イヌの人向けの回答
  • 人懐っこく、誰とでも友達になれる
  • 持久力があるが、同時にスピード感もある
  • 信頼関係を気づくと裏切らない

イヌの人の面接例文はこちら

パンダ

大きくて丸々としてかわいらしいパンダ。あまり身軽に見えませんが、木登りが得意で、力が強いです。

前足の手首の骨が発達してできたでっぱりは「第6の指」「パンダの親指」と呼ばれ、笹をしっかりつかむことができるように進化しました。

このようにして、栄養の少ない笹を効率よく食べられるようになりました。

パンダの人向けの回答
  • よく、一緒にいると癒されると言われる
  • まったりしているけれど、実は力強い

パンダの人の面接例文はこちら

ハムスター

野生のハムスターは夜行性で、食べ物を求めて夜中に移動します。

その距離なんと、10キロ程にもなるといいます。これは人間に換算するとフルマラソンを完走する以上の距離であるとか。

両手にエサを持って可愛らしく食べているイメージが強いですが、その行動力には驚かされます。

また、好奇心旺盛チャレンジ精神も持ち合わせています。

もともと砂漠にすんでいたため、次にいつ食べ物にありつけるか分からないので、食べ物を蓄えます。

ハムスターの人向けの回答
  • 持久力、行動力に自信がある
  • 好奇心も旺盛で新しいことにもチャレンジできる
  • もしもの時に備え、準備することができる

ハムスターの人の面接例文はこちら

ブタ

ブタは頭がよく、新しいもの、珍しいものが好きです。学習能力が高く、頭の良さは犬に匹敵します。

仲間を出し抜く賢さもありますが、一方で、喜びを仲間と分かち合うこともできます。

目はあまりよくありませんが、とても鼻がいい動物です。

泥浴びをするのは、汗がかけないので体を冷やすためです。

体が泥だらけになるので汚いと勘違いされますが、とてもきれい好きな動物です。

ブタの人向けの回答
  • ただ頭がいいだけでなく、学習能力が高い
  • 喜びを仲間と分かち合うことができる
  • 物事を整理することができる

ブタの人の面接例文はこちら

ニワトリ

ニワトリはもともとジャングルに住んでいたので、遠くの仲間と鳴き声でコミュニケーションをとる必要がありました。

24種類の鳴き声があり、身振りや手振りなどでもコミュニケーションをとっており、霊長類に匹敵するコミュニケーション能力があります。

左右の目を別々に動かすことができ、リーダーは群れを見ながら敵を探すことができます。

ニワトリの人向けの回答
  • コミュニケーション能力が高く、仲間思い
  • 様々な角度から物事を見ることができる

ニワトリの人の面接例文はこちら

ウシ

ウシは社会性があり、好奇心旺盛で、問題解決能力がとても高いです。

群れにはリーダーがおり、そのリーダーシップはとても優れています。

そして、現リーダーから新しいリーダーに知識が受け継がれるそうです。

また、赤ちゃんは睡眠時間が長く、体力がないので、他のウシが食べ物を探して長い距離を移動するのに耐えられません。

そこで、保育園のようなものがあり、リーダーが子守をしてくれるのです。

ウシの人向けの回答
  • 面倒見がよく、仲間思いのリーダーになることができる
  • よく頼りがいがあるといわれる

ウシの人の面接例文はこちら

自分を動物に例えるときの例文を紹介します

コアラの人の面接例文

コアラ

まったりとしていておとなしいイメージ。
でも、他の動物が食べられないものを食べられるようになって、生存競争に勝ち残りました!

「コアラの人の回答例」

私を動物に例えると、コアラに似ていると思います。

その理由は、コアラのように「まったりとしておとなしい」とよく人に言われますが、実際にマイペースであるからです。

しかし、他人が苦手に思うような難題に取り組むことが得意だという一面もあり、それを絶対に解決することができると自負しています。

御社に入社した際にも、この問題解決能力を活かし、難題に立ち向かっていきたいです。

イルカの人の面接例文

イルカ

好奇心が旺盛で、物事に積極的に取り組むことができます。
協調性があってコミュニケーション能力が高いよ。

「イルカの人の回答例」

私を動物に例えると、イルカに似ていると思います。

イルカは好奇心が旺盛なことで知られていますが、私も、新しいことに挑戦するときはワクワクします。

また、人とコミュニケーションをとることが得意です。

チームの和を大事にし、さまざまなタイプの人と仲良くなることができます。

今後も現状で満足せず、新しいことを学んでいきたいと思います。

ペンギンの人の面接例文

ペンギン

仲間と協力して子育てするので、協調性があります。
行動力もあり、俊敏です。
逆境にも負けません。

「ペンギンの人の回答例」

私を動物に例えると、ペンギンに似ていると思います。

なぜなら、協調性があるからです。ペンギンはたいてい仲間で協力して子育てをしますが、私も組織の一員として行動することができます。

また、ペンギンは集団で行動していますが、特定のリーダーがいません。

そんななか、天敵がいるかもしれない海に最初に飛び込むペンギンのことを「ファーストペンギン」と言います。

リーダーのいない彼らは、ファーストペンギンにならって、危険に立ち向かうことができます。

私も、目標達成のためには努力を惜しみません。

御社に入社した際には、いざというときには、私がファーストペンギンになり、仲間を牽引していきたいです。

クマの人の面接例文

クマ

縁の下の力持ち的存在♪
環境適応能力があるので、トラブルにも対応できます。
好奇心も旺盛!

「クマの人の回答例」

私を動物に例えると、クマに似ていると思います。

なぜなら、クマは季節や環境に合わせて計画的に食料を調達することができます。

私も、どのような環境でもなじむことができ、トラブルにも冷静に対応できます。

御社に入社した際には、縁の下の力持ち的な存在として活躍したいです。

ヒツジの人の面接例文

ヒツジ

集団行動が得意。
仲間の意見に耳を傾けることができます。
情報収集が得意♪

「ヒツジの人の回答例」

私を動物に例えると、ヒツジに似ていると思います。

ヒツジは仲間と行動する動物で、群れの仲間の顔をしっかり覚えると言われています。

私は、仕事を共にする仲間の長所を把握することが得意です。

また、物事を色々な角度から見ることができ、情報収集も得意です。

今後もチームワークを大事にすることや、情報収集能力を仕事にいかしていきたいです。

アリの人の面接例文

アリ

和を大切にし、組織の一員としてコツコツと役割を果たすことができます。
とても力持ちでタフなのが自慢!

「アリの人の回答例」

私を動物に例えると、アリに似ていると思います。

アリは、大きな群れをつくる社会性昆虫として知られていますが、私も担当する役目をコツコツとこなすことが得意です。

また、アリは体が小さいですが、とても力持ちでタフです。

人間に例えると、ヒグマを持って運ぶことができてしまうほどの力です。

私も以前から友人に、「見かけよりもタフ」だと言われてきました。

御社に入社した際には、持ち前のタフさを発揮し、コツコツと仕事に取り組みたいと思います。

カメの人の面接例文

カメ

着実に目標にむかって進んでいけます。
堅実で、常に穏やかでいられます。

「カメの人の回答例」

私を動物に例えると、カメに似ていると思います。

カメは堅実で穏やかなイメージがありますが、私もよく「物事に動じず、穏やか」だと言われます。

また、目標に向かってコツコツと努力することは苦になりません。

御社に入社した際には、カメのように一歩一歩、着実に仕事をこなしていきたいと思っています。

フクロウの人の面接例文

フクロウ

普段は穏やかです。
でも、ここ一番のチャンスは逃さないよ!

「フクロウの人の回答例」

私を動物に例えると、フクロウに似ていると思います。

なぜなら、フクロウは普段は穏やかですが、獲物を狙うときには視力と身体的特徴を駆使して、獲物を確実に捕らえます。

私は、友人に「いざというとき、チャンスを逃さない」とよく言わます。

また、真面目であることも、知の象徴のフクロウと似ている気がして親近感を覚えます。

御社に入社した際には、持ち前の真面目さを活かし、チャンスを逃さずに仕事にとりくんでいきたいです。

ウサギの人の面接例文

ウサギ

とにかく、フットワークが軽いのが自慢です♪
物事にすばやく対応できます。

「ウサギの人の回答例」

私を動物に例えると、ウサギに似ていると思います。

ウサギはフットワークが軽くて、すばしっこいイメージがあると思います。

私もフットワークが軽く、物事にすばやく対応できることが自慢です。

また、ウサギは群れで暮らしているので社会性があり、好奇心も旺盛です。

御社に入社した際には、ウサギのように何事にも興味を持ち、それにすばやく対応していきたいと思います。

しかし、ただ素早ければいいのではないので、正確さも意識していきたいです。

イヌの人の面接例文

イヌ

人懐っこくて誰とでも仲良くなれます。
チームワークが得意です。
持久力もあります!

「イヌの人の回答例」

私を動物に例えると、イヌに似ていると思います。

なぜなら、イヌは群れで狩りをするのでチームワークを大切にしますが、私もチームの一員として和を大切にできるからです。

また、イヌは持久力がありますが、私も体力には自信があります。

自慢の和を大切にする心と、持久力で御社のお役にたてればと思っています。

パンダの人の面接例文

パンダ

一緒にいると癒されるといわれるよ!
まったりしているけれど、実は力強いです。

「パンダの人の回答例」

私を動物に例えると、パンダに似ていると思います。

パンダはその見た目やしぐさから、動物園の人気者です。

私もおっとりしているからか、よく「一緒にいると癒される」と言われます。

しかし、パンダはクマ科の動物、いざというときにはその強い力を発揮することができます。

私は普段はおっとりしていますが、いざというときには解決策を見出して、御社のお役にたちたいです。

ハムスターの人の面接例文

ハムスター

小さくてかわいらしいでしょ?
でも、実は持久力も行動力もあるよ!

「ハムスターの人の回答例」

私を動物に例えると、ハムスターに似ていると思います。

ハムスターはその小さくてかわいらしい見た目に反して、とても行動力があり、好奇心も旺盛で、そのうえ、持久力もあります。

御社に入社した際には、持ち前の行動力で何事にもチャレンジしていきたいです。

ブタの人の面接例文

ブタ

新しいもの、珍しいものが大好き♪
仲間と喜びを分かち合えるよ。
とってもきれい好きです。

「ブタの人の回答例」

私を動物に例えると、ブタに似ていると思います。

ブタはとても頭がよく、仲間を出し抜く賢さもありますが、その一方で、仲間と喜びを分かち合うこともできます。

新しいもの、珍しいものが好きで、学習能力も高いです。

私も仲間と喜びを分かち合うことが大好きです。仕事をするうえで、そのような体験ができたらよいと思います。

今後は、学習能力の高いブタにあやかり、私も色々なことを吸収して御社のお役にたてればと思っています。

ニワトリの人の面接例文

ニワトリ

コミュニケーション能力が高くて仲間思いです!
様々な角度から物事を見ることができるよ。

「ニワトリの人の回答例」

私を動物に例えると、ニワトリに似ていると思います。

ニワトリは、身振りや手振りなどでもコミュニケーションをとっており、霊長類に匹敵するコミュニケーション能力があります。

私も、コミュニケーション能力が高く、仲間思いだと自負しています。

御社に入社した際には、持ち前のコミュニケーション能力で円滑に仕事をこなしていきたいと思います。

ウシの人の面接例文

ウシ

仲間思いでリーダーシップをとるのが得意です。
問題解決能力もあります。

「ウシの人の回答例」

私を動物に例えると、ウシに似ていると思います。

ウシの群れにはリーダーがおり、そのリーダーシップはとても優れています。

私もよく、友人から頼りがいがあるといわれます。

今後はウシのように面倒見がよく、仲間思いで頼れるリーダーになりたいと思っています。

自分を動物に例えると一覧を性格別に作りました

「自分を動物に例えると」の一覧表を作りましたので、自分にぴったりの動物がわからない方はぜひ使ってみてください。

特性1 特性2 動物
社会性がある リーダーシップ ウシ
共感性・情報収集 ヒツジ
タフ アリ
好奇心旺盛 コミュニケーション能力 イルカ
問題解決能力・力持ち クマ
フットワーク ウサギ
持久力・行動力 ハムスター
コミュニケーション能力が高い 仲間思い ニワトリ
チームワークが得意 持久力 イヌ
おとなしい・穏やか マイペース コアラ
堅実 カメ
力強い パンダ
チャンスを逃さない フクロウ
逆境に強い 目標達成・協調性 ペンギン
学習能力がある 喜びを分かち合う ブタ

 

まとめ

  • 「自分を動物に例えると何ですか?」とは、あなたの人柄や考え方を知るための質問です
  • 「自分を動物に例えると何ですか?」という質問で、意思疎通が図れるか試されています
  • この質問に正解はなく、しっかりと自己アピールできることが大切です
  • そのためには前もって自分のことを考えてみましょう

地球上には色々な動物がいて、それぞれの進化を遂げてきました。そのため、とても多様性があります。

私たち人間も様々な性格の人がいて、得意なことはそれぞれ違っています。この記事を少しでも参考にしていただけたらうれしいです。

面接で自分の良さをアピールして、第一希望に内定できるよう祈っています。